バリュー株、グロース株投資
株式投資には大きく分けて2つあります。
銀次郎はグロース株投資ですね。
投資法 解説 業種 リスク PER
バリュー株投資
利益、資産など企業のファンダメンタルズに対して株価が割安な銘柄を選択する手法を一般的に、バリュー株投資と呼びます。

PERやPBRの低いもの、配当利回りの高いものなどが代表的な選択基準。(これらの基準をみて、株価が割安におかれている企業が対象である)


基礎素材、低付加価値加工品、小売り、卸売りなど 低い 低い
グロース株投資
投資対象企業の成長性に注目し、銘柄を選択する手法をグロース株投資といいます。

成長性が高いため、市場平均に比べPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)が高く、配当利回りが低い銘柄が中心として選ばれます。特に基準はないようです。

ようするに成長している企業を選べばよいのです。成長性の指標として,「売上高成長率」「経常利益成長率」「当期利益成長率」「一株あたり利益成長率」などの指標があります。成長株戦略とは,現在急成長している企業に積極的に投資してゆく戦略のことを指します。
インターネット関連を含むエレクトロニクス、バイオ 高い 高い

「景気下降局面では成長株,上昇局面では割安株」なんてよく言われるそうですが、実際問題どっちがいい投資方法だとは言えないようです。ただし、短期間で実績をあげようとするとグロース株投資がいいようですが当然、大きく下がるリスクははらんでいます。負けない投資をするなら、両方をうまく、組み合わせることが重要だそうです。


銀次郎は俄然、グロース株投資です。リスクはありますが、やはりリターンも大きいですから。目標としては数年でグロース株に投資し、元手を増やし、その後バリュー株に大きくつぎ込みたいですね。トヨタなんていいんじゃないでしょうか。










SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO