チャート読みこなし編  ◇売買出来高◇

 売買出来高 ⇒ 売りと買いの成立した株数のこと。出来高が多いほどその銘柄に人気があるということです。


出来高が急激に増えだしてきたときには明らかに何らかの材料があり人気が出てきたことを示すので、
そのような銘柄をいち早く見つけて初期段階で買っておけば大きく儲けられる確立は高いでしょう。


 【5471】 大同特殊鋼の日足チャートを見てみましょうか。


【5471】大同特殊鋼  日足チャート



大同特殊鋼は業績の見直し買いでボックス相場を抜けてから直近の閑散期から出来高倍層!株価も上昇!。
株価と出来高がうまくリンクしているチャートですね。
 ⇒ 銀次郎2005年3月推奨銘柄です。


ただし、注意しないといけないことは


あまり急激な出来高、株価の急増は相場が一旦調整する可能性がある。


             ⇒ 急激な上昇時は買いを見送ったほうが賢明です。



上記 大同特殊鋼のように出来高も過熱感なく増えて、上がり方の緩やかなほうが値上がり相場は続く可能性が高い。
     (⇒ わりと急ピッチで上げてますが・・・・・・・・・・・)



また、出来高からはその
株価の上昇が本物の上昇なのか?そうではないのか?

の判断も可能です。

下表をご覧下さい。
   

  


◆Point

出来高の伴った株価の上昇   ⇒  本物

出来高の伴わない株価の上昇  ⇒ 要注意!

      ↓
 たまたま売りが少なかっただけで急落の可能性が大きい



 出来高を伴っての株価上昇は初めのうちであれば買いですが、出来高が減少したら早めに逃げましょう。



       これで儲けよう! と思ったらクリック御願いします  ⇒  株・投資 ランキング





SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO